ページの先頭です

ジェネリック医薬品の使用促進について

[2018年6月29日]

ジェネリック医薬品の使用促進について

ジェネリック医薬品とは

 先発医薬品(これまで使われてきた新薬)の特許が切れた後に、医薬品メーカーが製造・販売するジェネリック医薬品(後発の医薬品)のことです。

ジェネリック医薬品のメリット

 いままで使われていた先発医薬品と比べて、薬の値段が4割から5割程度安くなるため、ジェネリック医薬品の普及によって、一人ひとりの自己負担や保険財政の負担、国民医療費の抑制になります。

南房総市は、ジェネリック医薬品の使用促進に積極的に取り組んでいます

 

 国保加入者で生活習慣病や慢性疾患などのお薬を長期服用されている方などを対象に、現在処方されている医薬品をジェネリック医薬品に切り替えた場合にどれだけ医療費の自己負担の軽減につながるかをお知らせする「後発医薬品利用差額通知」を5月と11月に送付します。

※この通知はジェネリック医薬品に切り替えた場合にお薬代が安くなる可能性があることをお伝えするもので、切り替えを強制するものではありません。

 ※人によってはアレルギー等が発生する場合があります。変更にあたっては必ず医師・薬剤師にご相談ください。また全ての薬に対して後発医薬品が存在するわけではありませんので、ご了承ください。

通知内容についてのお問い合わせ先

ジェネリック医薬品差額通知コールセンター  

 土曜日、日曜日祝を除く 9時~午後5時 

 ☎ 0120-53-0006

ジェネリック医薬品の品質・有効性・安全性等に関する問い合わせ先

 医薬品医療機器総合機構「くすり相談 」

 土曜日、日曜日祝を除く 9時~午後5時 

 ☎03-3506-9457

組織内ジャンル

市民生活部保険年金課

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 市民生活部保険年金課

電話: 0470(33)1060 ファクス: 0470(33)3451

お問い合わせフォーム


ジェネリック医薬品の使用促進についてへの別ルート