ページの先頭です

出産育児一時金

[2018年4月1日]

国民健康保険の被保険者が出産したときは、出産育児一時金として42万円(産科医療保障制度の対象となる分娩の1万6千円を加算後)が支給されます。

また、出産育児一時金を、国保から病院等分娩機関に直接支払う「直接支払制度」が導入されています。直接支払制度の利用を希望する方は、事前に病院等で保険証を提示して申し込みをしてください。直接支払制度を利用した場合で、出産費用が出産育児一時金の支給額より高いときは、その差額分が病院等から本人に請求されます。低いときには、その差額分の支払いを国保から受けることができます。

なお、直接支払制度を希望しない方は、従来どおり出産費用を病院等にお支払いのうえ、申請をお願いします。

申請先

保険年金課、朝夷行政センターまたは各地域センター

申請に必要なもの

  1. 母子手帳等出生を証明するもの
  2. 出産費用の領収・明細書
  3. 世帯主の印鑑
  4. 振込先口座のわかるもの

直接支払制度を利用しない場合は、代理契約に関する文書(「直接支払制度に係る代理契約を医療機関等と締結していない旨」記載されたもの)が必要となります。

組織内ジャンル

市民生活部保険年金課

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 市民生活部保険年金課

電話: 0470(33)1060 ファクス: 0470(33)3451

お問い合わせフォーム