ページの先頭です

南房総市空家等対策計画を策定しました

[2016年3月31日]

南房総市空家等対策計画

 市内において、年々空家が増加するなか、適切な管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることから、これらの問題を解消するための対策を総合的かつ計画的に実施するため、南房総市空家等対策協議会の意見を踏まえ、「南房総市空家等対策計画」を策定しました。

用語の定義

 空家等:建築物(住宅以外の用途を含む。)またはこれに附属する工作物で居住その他の使用がなされていないことが常態(概ね1年間)であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。)

 特定空家等:空家等のうち、以下のような管理不全状態にあると認められるもの

(1) そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

(2) そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態

(3) 適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

(4) その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

空家等対策の3つの基本方針

空家化の抑制・予防

 地域と連携し、空家等の実態把握に努めるとともに、所有者やその家族等に対し、適正管理の基本的な考え方や管理不全による諸問題、相続等による不動産の円滑な承継等にかかる周知を徹底していく中で責任意識の醸成を図りながら、市としての相談窓口の一本化することで空家化の抑制及び予防に努めます。

空家の市場流通・活用促進

 空家等を活用や流通を促進するため、建築、不動産、法律等の幅広い分野の専門家との連携のもと総合的な窓口として対応できる相談体制を整備します。

 また、市で実施している「空き家バンク制度」による幅の広い流通、地域(行政区)との連携により、地域と所有者の意向のマッチングについて、行政が支援する仕組みを検討します。

管理不全状態にある空家の抑制・解消

 管理不全状態にある空家等については、現地調査や所有者確認を行い、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく助言、指導、勧告、命令などの必要な措置を講じます。また、同法にかかわらず、他法令での措置により是正が可能な場合は関係部署、関係機関と連携しながら、空家等全般に対し、管理不全対策を講じます。

市内の空家等の状況

 市内117の行政区の協力をいただき、平成27年9月上旬から10月下旬を調査期間として市内の空家等実態調査を実施しました。

 調査の結果、市内における空家等は460件と集計され、各地区ともに世帯数に対してほぼ一定の割合で空家が生じており、千倉地区は世帯数、人口ともに突出しているため、空家数も他地区と比べ著しく多い結果となりました。各地区ごとの集計結果は、下表のとおりです。

 また、空家の立地状況については、幹線道路の沿線から、住宅密集地、山間部と幅広く点在しており、本市の地域性を示す結果となりました。

 個々の空家の状況を見てみると、適正な管理がなされておらず、瓦や外壁の一部が剥落し、既に周辺に一定の影響が生じていると考えられるもの、敷地内の樹木や雑草が繁茂しているものが各地区ともに見受けられました。

 一方で、空家になってからの経過年数が短く、今後定期的な管理がなされれば、十分に使用や活用が可能なものもありました。

空家等実態調査結果
地区名  調査結果(件)
 富山地区79
 富浦地区40
 三芳地区31
 白浜地区59
 千倉地区163
 丸山地区42
 和田地区46
 南房総市 計 460

今後の対応

 現在、市では、空家等実態調査により報告があった460件の空家等について、一軒ごとに老朽の度合いや破損状況、草木の繁茂状況などを詳細に調査しています。

 その結果により、活用できる空家等か否か、あるいは、是正の対象となる特定空家等か否かを判断し、基本方針にも掲げたとおり、活用できる空家は流通や活用促進の面から、また、管理不全状態にある特定空家等は指導・助言を行うなど、空家等の所有者に対し、個々の状況に応じた対応を行います。

南房総市空家等対策計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 建設環境部管理課

電話: 0470(33)1102 ファクス: 0470(20)4597

お問い合わせフォーム


南房総市空家等対策計画を策定しましたへの別ルート