ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置

あしあと

    前澤化成(株)から浄水装置43台を寄贈

    • 初版公開日:[2021年04月05日]
    • 更新日:[2021年4月5日]
    • ID:14439

    汚水を真水にろ過する非常用浄水装置「エモータブル」で水インフラを強化

    前澤化成工業株式会社(代表取締役社長・窪田政弘)は、3月29日(月曜日)に自社製品である浄水装置(エモータブル)を43台、令和元年房総半島台風で被害を受けた南房総市へ寄贈しました。同社は昭和29年に東京都中央区で創業した水道関連の製造販売業者で、埼玉県熊谷市の工場開設から50年を迎える記念として、災害で被害を受けた地域への社会貢献活動を行っており、千葉県では初の寄贈となりました。

    非常用浄水器「エモータブル」は、非常時の使用を想定し(1)電源を使用しない手動式ポンプを採用、(2)さまざmな水源から飲料水を作れる逆浸透膜を採用、(3)保管場所を取らないコンパクト設計が特徴です。製品重量は8.5kgと軽く、女性でも持ち運びが可能でありながら、造水能力は毎分1リットルの造水が可能で、コンパクトな見た目からは想像できないパワフルな能力を持っています。

    寄贈されたエモータブルは、南房総市内の各避難所を中心に設置され、有事の水不足に備えます。

    エモータブル本体

    コンパクトな設計のエモータブル本体

    小学校のプールの水を利用

    小学校のプールの水をろ過していく。だいぶ濁っている。

    ポンプで原水をロール状に巻かれた逆浸透膜を透過させる

    ポンプで圧力を加えた原水はロール状に巻かれた”逆浸透膜”を透過することで不純物が除去される。ポンプは自転車の空気を入れる程度の圧力。

    原水とろ過された水の比較

    原水とろ過された水の比較。透明になったことがわかる。

    ろ過された水の数値を測定

    ろ過された水の数値を測定。飲料水として利用できる。