ページの先頭です

成年後見制度・成年後見制度利用支援事業

[2017年2月9日]

成年後見制度

 認知症や知的障害、精神障害などによって、判断能力が衰えた方を支援する制度です。

 家庭裁判所が、支援を受けたい本人や、その配偶者、親族の申立てに基づいて、本人の代理をする権限を持った支援者を決めます。

 本人が詐欺被害などの不利益を受けないように、支援者が代わりに、契約や財産管理等を行います。

市長申立て

成年後見の申立ては、本人、配偶者、4親等内の親族、検察官、市町村長に限って認められています。

市長による申立ては、身寄りがない、いても音信不通などの理由で、申立てをする人がいない場合に、認知症の高齢者、知的障害者、精神障害者の方の保護・支援を図るため、行うことができます。

成年後見制度利用支援事業

 南房総市では、成年後見制度を利用することが必要であるにもかかわらず、収入や資産等の状況から、家庭裁判所への申立費用や、成年後見人等に対する報酬を負担することが困難な方に対して、助成を行っています。

南房総市成年後見制度利用支援事業のご案内

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

問い合わせ先

◇成年後見制度の申立受付・手続案内

千葉家庭裁判所(館山支部) 電話 0470-22-2273

◇市長申立て・成年後見制度利用支援事業

【65歳未満の知的障害者・精神障害者の方】 社会福祉課 電話 0470-36-1151

【65歳以上の方】 健康支援課 電話 0470-36-1152

関連リンク


成年後見制度・成年後見制度利用支援事業への別ルート