ページの先頭です

白狐(びゃっこ)を殺す

[2015年9月16日]

堂山

むかし、那古(なご)の弁天から大房岬(たいぶさみさき)弁天へ、神のお告げを持って通う天狗がいました。昼はどこに潜んでいるのか知れませんが、真夜中になりますと、恐ろしい羽ばたきをたてて那古から山づたいに、大房岬へ向かって飛んでいくのです。
その天狗が飛ぶ山のふもとのある家に、ある年かわいい赤子(あかご)が生まれましたが、天狗の音が近づいてきますと、必ず泣き出してやみませんでした。しかも、日一日とやせ衰えていくのです。
村人たちは「天狗の仕業(しわざ)に違いねえ、退治してやろう」とある夜、火縄銃を持って西行寺山(さいぎょうじやま)で待ちうけました。暗さと恐ろしさのため、最初の出会いには失敗しましたが、気を取りなおすと大房岬に先回りし、見事に打ち止めました。
ところが、翌朝、正体を確かめますと、天狗ではなく大きな白狐(びゃっこ)だったのです。不思議なことに、夜泣きの赤子も血を吐いて死んでしまいました。驚いた村人たちはたたりを恐れ、木の倉山(このくらやま)にほこらを設けて白狐を祀り(まつり)、耳ざとかった赤子のために、水口(みずぐち)に耳垂れ(みみだれ)地蔵を建てて霊を慰めました