ページの先頭です

工事請負代金債権の譲渡を活用した融資制度について

[2018年6月26日]

 市が発注する建設工事の請負業者が、「地域建設業経営強化融資制度」または「下請セーフティネット債務保証事業」を利用して融資を受ける場合について、工事請負代金債権の第三者への譲渡を認めることができます。「地域建設業経営強化融資制度」または「下請セーフティネット債務保証事業」のいずれかを選択して利用できます。

  概要は、下記のとおりです。

対象建設業者

 中小・中堅建設事業者(資本の額または出資の総額が20億円以下または常時使用する従業員の数が1,500人以下)

対象工事

 市が発注した建設工事のうち前払金の支払いがなされた建設工事(ただし、低入札価格調査を受けた工事や、工期が複数年度にわたる工事で最終年度でないもの等は対象外)

債権譲渡の範囲

 工事請負代金から前払金等の額を控除した額

債権譲渡先

 事業協同組合等、財団法人建設業振興基金が適当と認める民間事業者

債権譲渡の承諾時点

 工事の出来高が2分の1以上に到達したと認められる日以降

事務取扱要領

詳しくは、財団法人建設業振興基金ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 総務部管財契約課

電話: 0470(33)1022 ファクス: 0470(20)4593

お問い合わせフォーム