ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    南房総市不育症治療費等助成事業

    • 初版公開日:[2021年05月11日]
    • 更新日:[2021年5月11日]
    • ID:13279

    不育症治療費等の助成を行います

    市では、医師から不育症と診断され、医療機関において治療や検査を受けられた方の費用の一部を助成し、経済的負担の軽減を図ることにより、安心して子どもを生み育てることができる環境づくりを推進します。

    申請受付は健康支援課保健予防室窓口で行います。

    助成の対象となる方

    次の1~6までのすべての条件を満たしている方

    1.婚姻をしていること

    2.妻が申請日において本市に住所を有し、かつ本市の住民基本台帳に1年以上継続して記録されていること

    3.不育症治療等のために医療機関を受診していること

    4.国民健康保険法の被保険者または次の社会保険に関する法律の規定による被保険者若しくは被扶養者であること

      健康保険法・船員保険法・私立学校教職員共済法・国家公務員共済組合法・地方公務員等共済組合法

    5.夫及び妻の前年(1月~7月までの間に申請する場合は前々年)の所得の合計額が730万円未満であること

     (所得の範囲・計算方法については児童手当法施行令第2条、第3条の規定を準用します)

    6.他の市町村(特別区を含む)が実施する不育症治療等を受けた者に対する類似の助成を受けていないこと

    助成の対象となる費用

    不育症治療等を開始した日からその妊娠に関する出産(流産及び死産を含みます)に伴い治療が終了した日までの期間(※1治療期間)に受けた不育症治療等に係る医療費の自己負担分

    助成対象としない費用

    ・入院時の差額ベッド代、食事代、文書料など直接治療に関わらない費用

    ・他の制度により助成を受けている費用(高額療養費など)

    助成金額

    1年度につき30万円まで(1,000円未満は切り捨てとなります)

    申請に必要な書類

    1.不育症治療費等助成申請書(第1号様式)

    2.不育症治療等医療機関証明書(第2号様式)

    3.医療機関の発行する領収書及び診療明細書(原本)

    4.医療保険被保険者証の写し

    5.夫婦の戸籍謄本(発行から3か月以内のもの)◆南房総市内に本籍を有する方で、申請時に市が確認することに同意をいただいている場合は省略できます

    6.妻の住民票(発行から3か月以内のもので、本籍・続柄の記載のあるもの。個人番号(マイナンバー)の記載のないもの)◆南房総市に住所を有する方で、申請時に市が確認することに同意をいただいている場合は省略できます

    7.夫及び妻の当該年度(4月~7月までの間に申請する場合は前年度)の市町村民税課税額を証する書類◆南房総市に住所を有する方で、申請時に市が確認することに同意をいただいており、市で確認できる場合は省略できます

    8.振込先の通帳の写し

    9.印鑑(夫と妻それぞれ違う印影の印鑑で、朱肉を使用するもの)

    申請期限など

    1治療期間に係る医療費の支払いが終了した日が属する月の翌月から1年以内に、健康支援課保健予防室へ必要書類を添えて申請してください。(1治療期間については「助成の対象となる費用」の※印をご覧ください)

    制度の詳細や必要書類については、事前に健康支援課保健予防室(電話0470-36-1154)へ問い合わせてください。

    不育症治療費等助成申請書

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    不育症治療等医療機関証明書

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    南房総市 (法人番号1000020122343) 保健福祉部健康支援課保健予防室(三芳保健福祉センター)

    電話: 0470-36-1154

    ファックス: 0470-29-7271

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム