ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    親孝行な嫁

    • [2015年9月16日]
    • ID:5596
    ご飯

    昔むかし、丸山の加茂の庄左衛門という百姓の家に、宮下から「お松」という嫁さんが来ました。
    その頃の百姓の一番の収入源は稲作でしたが、今の世とは違い、稲の品種が悪く、農薬もなく、良い肥料もなかったので、少ししか収穫がなく、そのうえ、領主から重い年貢を取られたため、多くの百姓が貧しい暮らしをしていたのです。
    毎日食べるご飯も三宝飯といって、米に麦や粟(あわ)を混ぜて炊いていましたが、庄左衛門の家は、もっと貧しかったため、ほんの少しの米に菜っ葉や野に生えている芹(せり)をたくさん混ぜて炊いていたのです。
    しかし、お松は少しも不平を言わず、いつも自分は、菜っ葉や芹ばかり食べて、舅(しゅうと)である親には、米のところを探して食べさせ孝行したのです。
    それは食事のときばかりでなく、万事にわたってでしたから、お松の親孝行の噂は、やがて領主の耳まで伝わりました。
    良い行いを続ければ、必ずいつか報われるものです。
    領主からたいそう褒められて、褒美をたくさんいただきました。