ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    木造住宅耐震診断費補助制度

    • 初版公開日:[2022年04月20日]
    • 更新日:[2022年4月20日]
    • ID:652

    補助制度の概要

    木造住宅の耐震診断に要する経費の一部に補助を行い、建築物の安全性に対する市民意識の向上を図り、災害に強いまちづくりを推進することを目的としています。

    南房総市木造住宅耐震診断費補助金のご案内

    補助対象となる木造住宅

     下記のすべてに該当する建築物を対象とします。

    1. 市内に存するものであること。
    2. 過去に南房総市木造住宅耐震診断費補助金交付要綱に基づく補助金の交付を受けた住宅でないこと。
    3. 柱、梁その他の主要構造部が木材の在来軸組構法によって造られていること。
    4. 平成12年5月31日以前に建築され、または着工された住宅で、一戸建て住宅または併用住宅(居住の用に供する部分の床面積が、当該木造住宅の延べ床面積の2分の1以上のもの)であること。
    5. 地上階数が2以下であること。
    6. 原則として耐震相談において、「誰でもできるわが家の耐震診断」(国土交通省住宅局監修・財団法人日本建築防災協会発行)に基づく診断の結果、評点合計が9点以下の住宅であること。

    補助を受けられる方

    • 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく本市の住民基本台帳に記録されていること。
    • 木造住宅を所有し、かつ、居住していること。

    補助対象経費

    木造住宅耐震診断に要する費用(延べ床面積(併用住宅にあっては、居住の用に供する部分の延べ床面積)に1平方メートル当たり1,000円を乗じて得た額(1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)を限度とする。)

    補助金の額

    補助対象経費に3分の2を乗じて得た額(1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)とし、その額が80,000円を超えるときは、80,000円とします。

    関係様式

    要綱

    関連情報