ページの先頭です

白い猪

[2015年9月16日]

白い猪

昔むかし、増間村の大日山に白い猪が棲み、山の中腹の閻魔(えんま)寺に現れて境内や畑を荒し、若い修行僧たちを困らせていました。
しかし、閻魔寺の老和尚は、「猪が白毛になるのは、百年を超える歳月がかかり、そうなると、山の獣の長になるのだ。その上、山の妖魔が乗り移るというから、手出しをしてはならぬ」と、皆に言い聞かせていました。そんなときでした。白い猪に妻子を殺された狩人が、その仇を討とうと、お寺の近くに小屋を建てて住んだのです。
そして毎日、白い猪を探していましたが、ついにある日、その姿を見つけることができたのです。喜んだ狩人が竹槍を持ち、そっと近寄りますと、白い猪は早くも気付き、全身の白毛を逆立てると、火のような赫い目を光らせて突進してきました。
しかし、狩人の繰り出した怨念の竹槍は、白い猪の心臓深く突き刺さり、首尾よく妻子の仇を打つことができたのです。ところがです。狩人は時が経つにつれ、山の獣の長を殺した後ろめたさが増し、頭を丸めると供養の旅に出てしまいました。