ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    企業版ふるさと納税を募集しています。

    • 初版公開日:[2022年12月20日]
    • 更新日:[2023年2月8日]
    • ID:17852

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    企業版ふるさと納税を募集しています。

    企業版ふるさと納税とは

    企業の皆さんが、寄附を通じて地方公共団体が行う地方創生の取り組みを応援した場合に法人関係税から税額控除をする仕組みです。
    2020年の制度見直しにより、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業様の負担が約1割まで圧縮されるなど、より使いやすい仕組みとなりました。
    南房総市の地方創生プロジェクトを応援してください!

    ※制度の詳しくは、内閣府地方創生推進事務局ポータルサイト(別ウインドウで開く)(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

    南房総市では、「南房総市まち・ひと・しごと創生推進計画」が地域再生計画として認定され、計画に記載された事業が寄附対象事業となります。

    南房総市の地方創生に関する事業

    安心して子どもを産み育てられる環境づくり推進事業

     教育に係る経済的負担や共働き世帯の負担を軽減する「子育てに係る負担 の緩和」、産後直後から子育て期に至る切れ目のないケアや相談、地域の支え 合いなどの支援体制を構築する「きめ細やかな子育て支援」や南房総市で子 育てをすることの魅力を発信する「子育て世代に向けた情報発信」を進める ことで、安心して子どもを産み育てられる環境づくりを推進する事業。

    • 学校外教育サービス利用助成事業
    • 子育て支援センター機能充実事業
    • ブログによる子育て情報PR事業 等

    若者に魅力のあるしごとづくり推進事業

     農商工連携や6次産業化による商品開発や販路開拓の推進、就農希望者の 4 生産・流通の高度化支援、観光商品の企画販売、受入等のマネジメント機能 を持った推進主体の設立、道の駅の機能強化、外国人観光客の受入体制強化、 地域資源を活用した観光メニュー開発等を実施する「地域資源の更なる活用 及び新産業の創出」、新たに起業・創業や新分野へのチャレンジをする企業・ 個人に対する支援、企業や個人の能力向上の取組への支援や事業承継の支援 をする「起業、創業・第二創業支援」、戦略的な企業誘致を展開するためのア ドバイザー誘致、企業、起業家誘致のためのセミナー等イベントの開催やI T人材の育成、多様な人材の就労促進を図る「産業人材の育成、企業・起業 家の誘致」を進めることで、若者に魅力のあるしごとづくりを推進する事業。

    • 農商工等連携推進事業
    • 企業・起業家支援事業
    • 活力あるしごとづくり支援事業 等

    新しい人の流れづくり推進事業

     移住・定住相談体制や移住体験の充実、特色ある教育・子育て環境の充実 を図る「子育て世代のUIターン推進」、大学等との連携により地域課題に取 り組む市民とのマッチングを図る「若い世代のチャレンジの応援」、本市の強 みである自然や景観に磨きをかけ、一体的に全国へ魅力発信を実施する「魅 力的な景観と戦略的広報による南房総市の知名度アップ」を進めることで、 新しい人の流れづくりを推進する事業。

    • 移住交流推進事業
    • 産学協働地域活力創造事業
    • 戦略的広報事業 等

    時代に合った地域づくり推進事業

     若者・子育て世代が帰ってきたい、住み続けたいと思える地域にするため、 将来の若い世代に負担を残さない「持続可能な行政・社会システムの再構築」、 まちの景観の保全や空き家の発生を抑制するとともに活用または解体を促す 「市内住宅総数の適正化」を進めることで、時代に合った地域づくりを推進 する事業。

    • 持続可能な行政・社会システム研究創造事業
    • スマート自治体の推進
    • 市内住宅適正化事業 等

    南房総市まち・ひと・しごと創生推進計画

    寄付までの流れ

    寄附を募集している事業(若者に魅力のあるしごとづくり推進事業)

    本プロジェクトでは、道の駅とみうら枇杷倶楽部の機能強化の一環で新たに加工場を整備し、地域産品を原料に“南房総らしさ”を前面に打ち出した新商品を製造します。2025年の完成を目指し、5年間で10商品の新商品開発を目指します。

    これまでの寄附実績

    企業版ふるさと納税を通じて本市の取組を応援していただいた企業様をご紹介します。

    寄附受入の状況
     寄付年月 寄付企業名  寄付活用事業
    1 令和3年10月 館山信用金庫(別ウインドウで開く) 若者に魅力のあるしごとづくり推進事業
    2 令和4年1月 君津信用組合(別ウインドウで開く) 若者に魅力のあるしごとづくり推進事業
    3 令和4年1月 館山信用金庫(別ウインドウで開く) 安心して子どもを産み育てられる環境づくり推進事業
    4 令和4年2月 アメリカン電機株式会社(別ウインドウで開く) 時代に合った地域づくり推進事業
    5令和5年1月株式会社 地質士(別ウインドウで開く) 若者に魅力のあるしごとづくり推進事業
    6令和5年1月株式会社 新昭和(別ウインドウで開く) 若者に魅力のあるしごとづくり推進事業
    7令和5年1月株式会社 大松建設(別ウインドウで開く) 若者に魅力のあるしごとづくり推進事業
    8令和5年1月株式会社 BRILLER(別ウインドウで開く) 若者に魅力のあるしごとづくり推進事業