ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    母子健康手帳の交付(妊娠届出書の提出)

    • 初版公開日:[2022年04月01日]
    • 更新日:[2022年4月1日]
    • ID:16479

    母子健康手帳は妊娠・出産の経過、お子さんの乳幼児健診、予防接種の記録など大切な成長記録となります。

    医療機関で妊娠の診断を受けたら早めに妊娠届出をしましょう。


    必要書類

    社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、母子健康手帳の交付時に妊婦さんご自身のマイナンバーを記入していただく必要があります。

    ※届出時には番号確認と本人確認を行いますので、ご協力をお願いします。

    次の(1)、(2)いずれかの書類をお持ちください。

    (1)妊婦本人の個人番号カード

    (2)妊婦本人の個人番号通知カード+本人確認書類

    <本人確認書類>

    運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、

    在留カードまたは特別永住者証明書

     

    <お願い>

    原則、妊婦本人が届け出てください。

    妊婦本人の届け出が困難な場合は、健康推進課へご連絡ください。


    妊娠届出書

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    妊娠届出書 記入例

    交付窓口

    健康推進課

    *現在、三芳保健福祉センターが改修工事のため、三芳農村環境改善センター1階展示室にて令和4年6月3日まで交付しています。

     令和4年6月6日からは三芳保健福祉センターにて交付します。

    交付手続き

    ・妊娠届には「妊娠週数」「出産予定日」「妊娠と診断を受けられた医療機関名」を記載していただきますので、医療機関にて妊娠確定の診断を受けてからお越しください。

    ・安心して妊娠・出産・子育てができるよう、保健師等が全ての妊婦の皆さんと面接をさせていただいております。

    ・妊婦一般健康診査の受診票(別冊)も同時に交付します。

    ・母子健康手帳交付日以前に受けた妊婦健康診査費用については助成出来ませんので、妊娠の診断を受けたら早めに届け出てください。

    転入者の方へ

    ・妊婦一般健康診査の受診票(別冊)の交換を行います。健康推進課までお越しください。

    また1歳未満のお子さんがいる場合、転入前までの乳児健康診査の受診票や予防接種の受診歴を確認しますので、お手数ですが母子健康手帳をご持参のうえ健康推進課までお越しくださるようお願いします。

    各種相談窓口の紹介

    思いがけない妊娠について相談できる場所があります

    「にんしんSOSちば」は予期しない妊娠に悩んでいる方に、安心してご相談いただける窓口です。

    ご相談に応じて、必要な正しい情報を伝えたり、その時の状況によっては別の相談窓口や医療機関等、サポートを受けられるよう適切な機関やサービスを紹介します。

    電話相談、メール相談ができます。

    詳しくは千葉県ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

    若者の性や妊娠などの健康相談支援サイト「スマート保健相談室」

    SNSの普及等により性に関するさまざまな情報がある中、男女ともに性や妊娠に関する正しい知識を身につけ、健康管理を促すため相談窓口や正しい情報を紹介する若者向けの健康相談支援サイト「スマート保健相談室」を公開されています。

    詳しくは厚生労働省が公開したサイト(別ウインドウで開く)をご覧ください。

    お問い合わせ

    南房総市 (法人番号1000020122343)  保健福祉部 健康推進課(三芳保健福祉センター)
    電話: 0470(36)1154 ファクス: 0470(29)7271