ページの先頭です

南房総市耐震改修促進計画

[2016年3月31日]

 建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)に基づき、「国の基本的な方針」、「千葉県耐震改修促進計画」を勘案し、市では災害に強いまちづくりを進めるため「南房総市耐震改修促進計画」を策定しましたので、同法の規定により公表します。

 また、平成20年3月に策定した本計画については、平成28年3月で計画期間が終了するため、新たな計画期間や耐震化の目標値が必要となることから、一部改定することとしました。

 本市では、昭和56年5月以前の旧耐震基準で建築された住宅等の建築物がいまだに数多く存在していることからも、より一層の建築物の耐震化の促進を図り、災害に強いまちづくりを推進します。

主な改定の内容

共通事項

 ・耐震改修促進法の改正にともなう用語等の変更(計画全体)

1.計画の目的等

 ・計画期間を新たに5年間設定(平成20年度~平成27年度⇒平成28年度~平成32年度)

 ・計画の対象建築物の分類に要緊急安全確認大規模建築物を追加

 ・対象建築物の見直し

  (1)市立小中学校(64棟⇒43棟)

  (2)多数の者が利用する市有建築物(74棟⇒60棟)

  (3)民間の特定建築物(41棟⇒46棟)

2.建築物の耐震化の目標

 ・想定される地震の規模、被害の状況を平成26年に策定した「南房総市地域防災計画」から引用

 ・耐震化の目標値を下記のとおり設定

  (1)住宅

    現状の耐震化率(H27) 56% ⇒ 目標(H32) 70%

  (2)市立小中学校

    現状の耐震化率(H27) 93% ⇒ 目標(H32) 95%

  (3)多数の者が利用する市有建築物

    現状の耐震化率(H27) 88% ⇒ 目標(H32) 95%

  (4)民間の特定建築物

    現状の耐震化率(H27) 69% ⇒ 目標(H32) 90%

3.建築物の耐震化の促進を図るための施策

 ・耐震診断及び耐震改修の促進を図るための支援策として、現在実施している事業を掲載

 ・優先的に耐震化すべき区域として、市内全域を設定

南房総市耐震改修促進計画(平成28年度から平成32年度まで)

参考資料

南房総市耐震改修促進計画 (平成20年度から平成27年度まで)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 建設環境部管理課

電話: 0470(33)1102 ファクス: 0470(20)4597

お問い合わせフォーム