ページの先頭です

【新型コロナウイルスへの対応】行政区等が開催する総会等について

[2020年4月7日]

新型コロナウイルスに伴う行政区総会等について

現在、新型コロナウイルス感染症が拡大している中、行政区等における総会等の開催について、皆さまから多くのお問い合わせをいただいております。

開催の是非については、以下の内容を参考に、決定すべき事項や急を要する事項があるなど、開催の必要性をご検討いただいた上で、中止・延期を含めてご判断をお願いいたします。

※令和2年4月7日の国の緊急事態宣言を受け、千葉県においても、現在、各種施設等の使用停止及びイベント開催の停止が要請されています。

千葉県ホームページ(別ウインドウで開く)

書面表決や委任状の活用について

新型コロナウイルス感染の拡大を防止するため、多くの方が集まらずに総会を開催するには、次の方法があります。

書面表決
総会に出席せずに書面で議決権を行使する方法です。
実施するには、原則として、会則や規約等の中で定めが必要になります。
ただし、認可地縁団体については、会則や規約等に別段の定めがない場合でも、地方自治法の規定を根拠に書面表決も行うことができます。

委任状の活用
区民等から委任状の提出を受け、役員等のみの少人数で開催する方法です。


なお、複数の方が集まって開催する際には、次の感染拡大を防止する対策へのご配慮をお願いいたします。
  1. 入口で参加者の体調チェックを実施する。
  2. 体調が悪い方、または基礎疾患をお持ちの方は、参加についてあらためてご検討いただき、咳のみの場合にはなるべくマスクの着用をしていただく。
  3. マスクを着用する、ティッシュ・ハンカチなどで口や鼻を覆うなどの咳エチケットを徹底する。
  4. 会場の入口に手指消毒剤を設置する。
  5. 密閉空間が続かないよう、こまめに換気を行う。

書面表決の進め方

一例になりますが、書面表決の進め方についてご案内します。
  1. 「定期総会書面表決のお知らせ」「議案書」「書面表決書」を区民等に配付する。
  2. 区民等から「書面表決書」を提出してもらう。
  3. 書面表決を集計する。
  4. 回覧等で結果を会員にお知らせする。

認可地縁団体について

認可地縁団体につきましては、地方自治法の規定により年に一度、総会の開催が必要となりますが、上記の方法などをご検討いただき、会員の方の安全に配慮したうえで、ご判断をお願いいたします。
なお、認可地縁団体については、会則や規約等に別段の定めがない場合でも、地方自治法の規定により書面表決を行うことができます。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 市民生活部市民課

電話: 0470(33)1051 ファクス: 0470(33)3451

お問い合わせフォーム


【新型コロナウイルスへの対応】行政区等が開催する総会等についてへの別ルート