ページの先頭です

労働保険の申告・納付はお早めに

[2015年9月16日]

労働保険の更新は、社長の大事な仕事です。

 労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(これを「保険年度」といいます。)を単位として計算されることになっており、その額はすべての労働者(雇用保険については、被保険者)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっております。

 労働保険では、保険年度ごとに概算で保険料を納付いただき、保険年度末に賃金総額が確定したあとに精算いただくという方法をとっております。

 したがって、事業主は、前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付と新年度の概算保険料を納付するための申告・納付の手続きが必要となります。これが「年度更新」の手続きです。

 この年度更新の手続きは、毎年6月1日から7月10日までの間に行わなければなりません。

 手続きが遅れますと、政府が保険料・拠出金の額を決定し、さらに追徴金(納付すべき保険料・拠出金の10%)を課すことがあります。

平成26年度の労働保険の年度更新

平成26年6月1日から7月10日

申告・納付

 年度更新の申告・納付の方法は、「労働保険概算・確定保険料/石綿健康被害救済法一般拠出金申告書」(以下「申告書」といいます。)を作成し、その申告書に保険料等を添えて、金融機関、労働基準監督署のいずれかに、6月1日から7月10日までの間 に提出していただく必要があります。

保険料の納付は口座振替が便利です

 保険料の申告には電子申告を、納付には口座振替をご利用いただくと便利です。

お問い合わせ

労働保険、年度更新に関してご不明な点がありましたらお問い合わせください。
千葉労働局 労働保険徴収課
電話:043-221-4317

厚生労働省ホームページ

お問い合わせ

千葉労働局 労働保険徴収課
260-8612
千葉県千葉市中央区中央4-11-1
千葉第2地方合同庁舎
電話:043-221-4317