ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    新型コロナワクチンの接種状況と今後の接種について

    • 初版公開日:[2021年09月29日]
    • 更新日:[2021年9月29日]
    • ID:15346

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    現在の接種状況

    接種者数と接種率(9月28日接種分まで)

    南房総市民の新型コロナワクチン接種は順調に進んでおり、9月28日時点で全対象者の81%以上が1回目の接種を、71%以上が2回目の接種を終えています。
    ただし、年代別では偏りがあり、65歳以上の90%以上、40~64歳の83%以上が1回目の接種を終えているのに対し、20~39歳は54%、10歳代は39%の接種率となっています。

    接種者数と接種率

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    若年層の接種状況

    39歳以下の若年層は、接種券が送付された時期が遅いため、これから接種を受ける方も多くいますが、SNS等によるデマに惑わされていたり、副反応を過剰に恐れるなどして接種を控えている方も多くいると考えられます。
    SNS等で「不妊の原因になる」とか「遺伝子情報が書き換えられる」など「新型コロナワクチンは危険」と取り上げられたりしていますが、科学的な根拠のない不正確な情報です。厚生労働省のホームページ等から正しい情報を入手してください。

    厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」(別ウインドウで開く)

    また、副反応は腕の痛みや頭痛、発熱等がみられることがありますが、大部分は数日で回復します。それよりもワクチンを接種しなかったことにより感染したり重症化してしまったり後遺症が残ってしまったら、はるかにデメリットが大きくなります。

    現在、安房地域では全対象者の85%以上の方が2回の接種を受けられる分のワクチンを確保できています。しかし、ワクチンには有効期限があるため、今後接種が進まなかった場合は、ワクチンを無駄にしないためにワクチンが不足している地域に融通する必要が生じます。そうなると、後で接種を受けようと思った頃にはワクチンがない、という事態も発生する可能性があります。

    これらのことをよく考えて、この冬に来る可能性のある第6波に備えるためにも、2回の接種が11月中には終えられるように、速やかに予約をして接種するようお願いします。

    南房総市ホームページ「個別接種が可能な医療機関」(別ウインドウで開く) 

    南房総市ホームページ「集団接種の予約方法」(別ウインドウで開く)

    今後の接種について

    安房4市町は、安房医師会の協力のもと、2回のワクチン接種を終えた人への追加(3回目)接種の実施に向けて準備を進めます。
    2回の接種完了から概ね8か月以上経過した後に追加の接種をすることとされていますので、医療従事者など優先接種として早期に接種を受けた人から順次、接種を行っていく見込みです。

    追加(3回目)接種に関する実施時期や実施方法等具体的な情報は、決まり次第お知らせします。