歴史

◇安房国から安房郡、そして南房総市へ
安房地域は、718年に上総国から分かれ安房国となり、その後、一旦は国を廃され上総国へ合併されましたが757年に再び安房国として独立しました。
かつては多数の荘園が存在しており、これらは中世末まで統治者の交代を繰り返してきましたが、戦国時代に入り、15世紀中頃に里見氏が安房統一を果たし、戦国末期に館山城を築城して安房国統治の拠点としました。
しかし、その後里見氏は、江戸幕府による全国支配体制の確立により、1614年に改易され、以降この地は旗本領、天領、小大名の領地として分割統治されました。
近代に入り、明治11年の郡区町編成法施行により郡制を施行、明治30年には「交通の便が相互にあり、かつ民情風俗に大差がない」という理由から、安房郡、平郡、朝夷郡、長狭郡の四郡を合併して、現在の安房郡の前身となる「安房郡」が形成されました。
そして、昭和30年前後に相次いだ町村合併を経て、旧町村の姿となりましたが、平成18年3月20日に安房7町村による合併が行われ、南房総市が誕生しました。

◇平成の大合併の経緯
■平成16年12月15日 安房7町村合併協議会設置(富浦町・富山町・三芳村・白浜町・千倉町・丸山町・和田町)
■平成17年2月8日 富浦町・富山町・三芳村・白浜町・千倉町・丸山町・和田町合併協定調印式
■平成17年2月18日 千葉県知事への廃置分合の申請
■平成17年5月13日 廃置分合を総務大臣が告示
■平成18年3月20日 南房総市誕生

お問い合わせ
南房総市 (法人番号1000020122343)  ・総務部・秘書広報課
電話:0470(33)1002
FAX:0470(20)4591
お問い合わせフォーム
[トップ]
[南房総市 (法人番号1000020122343) ]