ページの先頭です

渇水が心配される小向ダム・水道の状況と今後の対応

[2021年1月14日]

小向ダムと水道の状況 【水道お客様センター(☎0470-44-5959)】

渇水の主な原因は何ですか?水門工事を行ったと聞いています。

 老朽化に伴う水門工事をダムの水位を下げて10月に実施しました。その後、想定される雨量がなく現在の状況に至っています。

 例年11月には平均で180ミリ以上の降雨がありますが、今年は合計で37ミリと、まとまった降雨がないことが主な原因と考えています。

 住民説明会での質疑・応答(別ウインドウで開く)をご覧ください

断水する可能性はあるんですか?

 小向ダムの貯水率が20%を切った場合には断水を開始する予定です。

 ※皆さんの節水のご協力やダムへの原水の補給により、1月14日現在、小向ダムの貯水量の減少は抑えられています。取り組みを継続することにより、断水回避は可能になると考えられます。ご不便をおかけしますが、引き続き節水へのご協力をお願い申し上げます。

 小向ダムの貯水率と今後の貯水率の見込み

利根川の水が来てるという話を聞いたんですが?

 丸山・和田地区には供給されていません。

 朝夷地区では、白浜・千倉地区(千倉町久保を除く)に供給されています。

その他

断水しないために

小向ダムへ原水の補給をしています

散水車による補水

 ほかの水源から原水を汲み上げ、散水車により小向ダムへ給水しています。

ポンプによる汲み上げ

 丸山川と貝沢川より小向ダムへポンプによる汲み上げを行っています。

 ※補給実績は小向ダムの貯水率と今後の貯水率の見込みのページ下部を覧ください。

断水前に給水車の応援要請をしています

 病院・社会福祉施設・学校関係の施設などへ、断水前の節水のために施設受水槽へ給水する応援給水車の手配を千葉県に要請し、12月16日から開始しています。

丸山・和田地区の公共施設の一部を閉鎖しています

閉鎖する施設(12月12日~)

 ●丸山公民館 ●和田コミュニティセンター ●和田地域福祉センター「やすらぎ」 ●丸山体育館 ●丸山児童体育館 ●丸山運動広場 

 ●和田コミュニティ運動広場 ●嶺南小学校屋内運動場 ●嶺南中学校屋内運動場ほか

封鎖する市営観光トイレ(12月13日~)

 ●花園トイレ ●花の広場公園「花夢花夢」トイレ ●和田浦ビーチトイレ ●海発トイレ

 ※詳しくはこちらをご覧ください

封鎖する「道の駅」のトイレ(12月18日~)

 ●道の駅ローズマリー公園 ●道の駅和田浦WA・O!

 ※仮設トイレを設置しています。

頻繁に手洗いすることをためらってしまうのですが。

 断水が見込まれる区域の全世帯に手指消毒液を配布します。

節水にご協力ください

皆さんの節水のご協力によりダムの貯水量の減少が抑えられています

 節水の効果はこちらをご覧ください。

井戸水の利用および井戸水の検査結果に関すること

一般細菌、大腸菌の数値が超過したが飲めますか?

 そのまま飲用するのは控えたほうが良いです。

 滅菌装置の設置もしくは5分以上の沸騰による煮沸消毒で、一般細菌、大腸菌の数値を下げることができますが、煮沸したものは完全な滅菌ができているかの確認ができないため、飲料水としてお勧めできません。

一般細菌、大腸菌の数値が超過している井戸水の利用方法はありますか?

 トイレに使用することで1回あたり約6~10ℓの水道水の節水になります。

 使用量の幅は設置されているトイレの容量によります。

もし断水してしまったら

断水するとしたらその時間は?また、期間はどのくらいですか?

 一度断水が始まれば24時間1日中水が使用できません。また、小向ダムの貯水量が回復しない限り断水は継続します。

断水するとしたらエリアはどこですか?

丸山地区

 珠師ケ谷の一部・石神・丸本郷・前田・西原・小戸・岩糸・海発・古川・沓見・加茂・安馬谷・三嶋(白子番地の一部)・峰

和田地区

 花園・花園水道組合・柴・仁我浦・和田・小浦・真浦・向畑・白渚・下三原・中三原・海発・松田・沼・小川の一部

千倉地区

 久保

もし断水したら給水はしてもらえますか?

 次の給水所を開設する予定です。

丸山地区

 1.丸山地域センター駐車場(南房総市岩糸2489番地)

 2.ローズマリー公園駐車場(南房総市白子1501番地)

 3.子育て支援センターほのぼの駐車場(南房総市珠師ケ谷1289番地13)

和田地区

 1.和田地域センター駐車場(南房総市和田町仁我浦206番地)

 2.和田漁港真浦埋立地(南房総市和田町真浦地先)

 3.和田地域福祉センター「やすらぎ」(南房総市和田町松田828番地)

給水車までいけないのですが、どうすればよいですか?

災害時に支援が必要な高齢者および障害者などで車がない移動困難世帯には水を配布します【社会福祉課(☎0470-36-1151)】【健康支援課(☎0470-36-1152)】

 1世帯あたり10ℓ×4個を3日に1回配布します。現在、移動困難者名簿を作成中です。

乳幼児のいる断水が見込まれる家庭の方へ【健康支援課保健予防室(☎0470-36-1154)】

 0歳児(生後1年未満)のいる断水が見込まれる家庭へ飲料水を配布する予定です。

断水してしまうとお風呂に入るのに困るのですが。

 一人500円の入浴助成金を予定しています。入浴可能施設および利用条件などは詳しいことが決まり次第お知らせします。

商工業を営む皆さんへ 【商工課(☎0470-33-1092)】

もし断水した場合に営業はできますか?

 安房保健所に確認した結果、事業者用の給水所はまだ確保できていない状況ではありますが、

 食品衛生法の許可が必要な飲食店や食品製造業(和菓子屋など)、小売業などについては、給水車等で市から供給を受けた水を使用する場合に限り営業は可能、とのことです。

 旅館業法に基づく宿泊施設のほか、クリーニング店や理容店、美容室についても同様に、給水車等で市から供給を受けた水を施設内において流水させ、使用する場合に限り、営業可能とのことです。

営業できない場合に収入が得られないが、市からの支援はありますか?

 断水により、事業所の運営やお客様へのサービス、売上など、営業に影響が生じる事業者様について給付金で支援させていただきます。

 特定影響事業者(直接断水の影響が生じる事業者)へは月額上限50万円、断水に伴う売上減少事業者へは月額一律10万円を給付します。

 ※詳しい制度が決まり次第お知らせします。

営業できない期間中、従業員を出勤させられないが、雇用を維持するための支援はありますか?

 休業期間中に事業主が「休業手当」として従業員に支払った賃金を、後から国が事業主に対して補てんする「雇用調整助成金」という制度があります。

 事前に労使間の協定に基づき休業等を実施する、また事前に計画届を提出するなど、さまざまな要件があります。

 ご活用を検討されている場合は、千葉労働局職業対策課(043-221-4393)またはハローワーク館山(22-2236)に問い合わせてください。

その他

医療・介護・福祉施設の皆さんへ 【健康支援課(医療・介護)☎0470-36-1152/社会福祉課(福祉)☎0470-36-1151】

断水した場合、医療機関、介護施設等への給水はどうなりますか?

受水槽のある施設

 給水車による配水を実施予定です。

受水槽のない施設

 加圧式簡易受水槽(1t)を市が貸与し、設置していただくことで対応します。給水車による配水を実施する予定です。

学校・教育のことが心配な皆さんへ 【子ども教育課 ☎0470-46-2966】

給食のことが心配です。

 断水しても給食は提供します。なお、洗浄で使用する水量を節水するため、給食で使用する食器、はし、スプーン、トレイなどを使い捨てのプラスチック容器、割りばし、紙のランチョンマットで対応しています。

新型コロナウイルス感染症が心配です。手洗いはできますか?

 給水車から受水槽に補水し、手洗いに使用する水を確保しています。また、アルコールシートなども併用し、新型コロナウイルス感染症対策を行っています。

 ※子育て支援センター「ほのぼの」でも同様の対応をしています。

飲料水はどうしたらいいですか?

 節水期間中は、水筒の洗浄を行わないようにするため、ペットボトルの持ち込みを可能としています。

 また、寄付によりいただいた飲料水については適宜配布します。

嶺南中学校での服装について

 各ご家庭の判断で、ジャージ・運動のできる服装での登校を可能とします。

断水した場合、子ども園、幼・小・中学校・学童保育は休園・休校になりますか?

 給水車からの受水槽への補水を継続しながら節水を心がけ、通常通りの保育、教育を行います。

中学生の部活動はありますか?

 行う予定です。

消防・防災のことが心配な皆さんへ 【消防防災課 ☎0470-33-1052】

火災時の対応はどうするんですか?

 南房総市消防団では防火水槽はもちろん、河川などを最大限活用して消火活動する準備を行っています。

 また、防火水槽や河川が近くにない場合は、安房消防や消防団の所有する水槽付き消防車、給水車、散水車にて対応します。

防火水槽を使用した後の補水はどう行いますか?

 水道水を使用した補水は行いません。状況により自然水利から補水します。

火災時に海水を使う事は考えていますか?

 基本的には防火水槽、自然水利を活用しますが、止む得ない場合に限り海水を使うこともあります。

観光に関して心配な皆さんへ 【観光プロモーション課 ☎0470-33-1091】

食べて応援クーポン事業は実施されますか?

 予定どおり実施します。詳しくは「食べて応援クーポン券」をご覧ください。

公共交通(電車)を利用される皆さんへ 【企画財政課 ☎0470-33-1001】

断水した場合、和田浦駅や南三原駅のトイレは利用できますか?

 和田浦駅および南三原駅の既設トイレは使用禁止となります。

 その対応策として、仮設トイレおよび手洗い装置の準備を進めています。