ページの先頭です

令和元年台風15号、19号の被害に伴う国民年金保険料の免除について

[2019年11月14日]

令和元年台風15号、19号の被害に伴う国民年金保険料の免除について

 風水害等で被災し、国民年金保険料の納付が困難なときは、申請をして承認されると免除を受けられる制度があります。

対象となる人

 国民年金第1号被保険者の人で、災害により、所有する財産につき、被害金額(保険金、損害賠償金等により補てんされた金額を除く。)がおおむね2分の1以上の被害を受けた人(り災証明書の判定がおおむね半壊以上の人)
 ※所有する財産は、本人のみでなく、世帯主、配偶者、世帯員の財産を含みます。
 ※学生は災害による免除の対象となりません。学生の方は、学生納付特例制度をご利用ください。

免除される期間

事由の生じた日の前月分から翌6月分まで
 ※保険料の納付が困難な場合は、早めに申請をしてください。
 ※災害により被害を受けた国民年金第1号被保険者に対する保険料免除期間は、令和元年台風第15号については令和元年8月分から令和3年6月分まで、台風19号については令和元年9月分から令和3年6月分です。
  なお、令和2年7月~令和3年6月分については、改めて令和2年7月以降に免除の申請が必要です。

必要な書類

  • り災証明書のコピー(または国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届)
  • 保険金・損害賠償金等の支給金額等を確認できる証明書のコピー(すでに支給されている場合)
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • マイナンバーまたは基礎年金番号のわかるもの
  • 印鑑 ※代理人の場合

受付場所

市役所保険年金課、朝夷行政センター、各地域センター及び木更津年金事務所

災害による免除を受ける場合の注意点

 災害による免除を受けた期間は、年金を受けるための資格期間には算入されますが、老齢基礎年金額は全額納付した場合に比べて2分の1として計算されます。
 10年以内であれば、後から納める(追納)ことにより老齢基礎年金額を満額に近づけることが可能です。ただし保険料免除を受けた期間の翌年度から起算して3年度目以降は、当時の保険料に一定の金額が加算がされます。
 なお、追納した場合のその期間は「納付」期間として取扱います。

免除された期間の年金について
 

老齢基礎年金を
請求するときは 

 老齢基礎年金額
の計算では
障害基礎年金や
遺族基礎年金を
請求するときは 
後から保険料を
納めるときは 
納付
受給資格期間に
入ります


年金額に
反映されます


受給要件を
満たします

免除
(災害特例)


受給資格期間に
入ります

2分の1が
年金額に反映されます

保険料を納めたときと
同じ扱いになります
 〇
10年以内であれば
納めることができます
未納×
受給資格期間に
入りません
×
年金額に
反映されません
×
年金を受けられない
場合があります

2年を過ぎると納める
ことができません
詳しくは、日本年金機構のホームページ「風水害・震災等により被災されたとき」<外部リンク>(別ウインドウで開く)をご確認ください。

組織内ジャンル

市民生活部保険年金課

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 市民生活部保険年金課

電話: 0470(33)1060 ファクス: 0470(33)3451

お問い合わせフォーム