ページの先頭です

り災証明書発行「自己判定方式」のご案内

[2019年9月27日]

軽微な被害の場合、証明書の早い発行が可能です

り災証明書の発行は、申請書の受付後、調査員が現地調査により被災された建物を調査し、被災の程度を判定しています。

被災の程度の判定について、申請者ご自身により「一部損壊」と判定していただくことで、調査員が調査に出向くことがなく、スピーディーに証明書の発行が可能となります。

※申請は市役所本庁税務課のみで受け付けます。

自己判定方式で申請すると

◆証明書を早く発行できます

1週間程度での発行が可能です。

現地調査がないので、立会のための日程調整なども不要です。

◆効力に違いはありません

調査員による調査結果が「一部損壊」と認められた証明書と同じ効力があります。

ご用意いただくもの

(1)写真(被害箇所がわかるもの)

(2)申請者の身分がわかるもの(免許証、マイナンバーカードなど)

ご確認ください

※被災の程度によって、今後生じる可能性のある支援などに違いが生じる場合があります。

※「自己判定方式」を選択したのち、後日調査員の調査を希望される場合は、その要望を妨げません。

自己判定方式用り災証明申請書のダウンロードはこちらからお願いします

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 市民生活部税務課

電話: 0470(33)1023 ファクス: 0470(33)3451

お問い合わせフォーム