ページの先頭です

平成31年新年のごあいさつ

[2019年1月1日]

  南房総市長 石井 裕(いしい ゆたか)写真

  南房総市長 石井 裕

住み続けたいまち・選ばれるまちを目指して

 明けましておめでとうございます。輝かしい初春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 私は、昨年4月の市長選挙において、市民の皆さんの信託をいただき、4期目の市政を担わせていただくことになりました。責任の重さを痛感し、使命感と強い覚悟をもって市政運営にあたろうと決意を新たにしております。

 さて、昨年を振り返りますと、記録的な豪雨や台風、地震により、全国各地で大規模な災害が発生しました。いつでもどこでも起こり得る自然災害の恐ろしさを目の当たりにし、防災意識の一層の高まりと自主防災組織の大切さを認識した年でありました。

 市政に目を向けますと、昨年10月、経年劣化した市本庁舎の修繕にあわせ防災拠点施設としての耐震性の確保及び「南房総市業務継続計画(BCP)」に基づく機能強化を目的とした大規模改修工事に着工し、市民生活に密着した行政サービスを提供する基礎自治体として、災害時であっても休止できない業務を適切に継続するための体制づくりに取り組んでいます。

 また、現在、丸山・和田地区の統合小学校及び幼保一体施設の建設工事を、本年4月の開校・開園に向け着実に進めています。他地区においても、今後の社会情勢の変化に対応しながら、幼保一体化・小中一貫教育など再編を検討し、より良い教育環境の整備を推進してまいります。

 市では昨年9月、計画期間を10年間とする「第2次南房総市総合計画」を策定しました。市の将来像を引き続き「ひと・ゆめ・みらい 地域で創る魅力の郷 南房総」とし、これからの南房総市が住み続けたいまち・選ばれるまちになるために、特に子育て世代の移住・定住促進とそのための環境づくりを進めてまいります。また、市民一人ひとりが郷土の自然や文化、暮らしやすさなど、「南房総市の良さ」を再確認し、力を合わせてその良さを磨きあげていく「市民が主役のまちづくり」に全力で取り組んでまいります。

 まちづくりには、市民と行政が一体となった協働の取組が不可欠ですので、皆さんのより一層のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 結びに、皆さんのご健勝とご多幸を祈念申し上げ年頭の挨拶といたします。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 総務部秘書広報課

電話: 0470(33)1002 ファクス: 0470(20)4591

お問い合わせフォーム


平成31年新年のごあいさつへの別ルート