ページの先頭です

ミンク鯨生肉の有料配布

[2017年9月6日]

ミンク鯨生肉の有料配布(南房総市民対象)

房総半島では、江戸時代から鋸南町勝山で捕鯨が始まりました。
このことにより、南房総の鯨の食文化もこの時代から続いています。
現在、全国で5か所、関東で唯一の捕鯨基地が南房総市にあり、今でも年間26頭のツチ鯨を捕獲しています。


今回、伝統の鯨食文化の継承を目的として、捕獲したミンク鯨の生肉(副産物)について、捕鯨基地に割り振られたワクから、購入を希望される南房総市民の皆さんの予約分を市が購入し、配布事業所を通じて有料配布します。

現在、釧路沖で一般社団法人 地域捕鯨推進協会による鯨類科学調査が行われています。

予約期間

9月7日木曜日から9月13日水曜日まで

午前9時から午後4時まで

配布予定日

現在、鯨類科学調査実施中で、捕獲でき次第の配布となります。

※土曜日、日曜日、祝日の場合もあります。

販売価格

ミンク鯨生肉(赤肉)1kgあたり3,400円(量り売り)

※1ブロック(1kg)ごとの購入となります。

※1世帯あたり5kgまで。

※捕獲量に限りがあるため、先着順により有料配布します。

予約および配布先

東安房漁業協同組合和田支所 電話:0470-47-4113 ※土曜日、日曜日休み

千倉水産加工業協同組合 電話:0470-44-1811 ※日曜日休み

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 農林水産部農林水産課

電話: 0470(33)1071 ファクス: 0470(20)4592

お問い合わせフォーム


ミンク鯨生肉の有料配布への別ルート