ページの先頭です

水道料金改定に対する答申が提出されました

[2016年12月22日]

水道料金改定に対する答申とは

 南房総市水道事業経営審議会は市長の諮問を受け、平成28年7月から水道料金改定について審議を行いました。

 平成28年12月5日、第7回南房総市水道事業経営審議会において、これまでの審議結果をとりまとめた答申書を高木会長より市長に提出しました。

市長に答申書を手渡す高木会長

答申の概要

 今回の答申の概要は以下のとおりです。

 なお、南房総市水道事業経営審議会の審議経過はこちらをご覧ください。

料金改定の是非

 市営水道を取り巻く状況から判断して、水道料金の値上げはやむを得ない。

 ただし、南房総市の水道は市営水道(富山、白浜、千倉、丸山、和田地区)と三芳水道企業団(富浦、三芳地区)の2つの事業体により供給されているため、三芳水道企業団と十分な調整を行った上で料金改定を行う。

改定率

 市民生活への影響を考慮して、給水収益の5%の引上げを上限とする。

 ※ 改定率:「基準となる給水収益」に対する「料金改定による給水収益」の増減の割合です。

         料金単価や料金表の値上げ(値下げ)の割合とは違います。 

       

料金改定の時期

 三芳水道企業団と調整した後、十分な周知期間をとった後に料金改定を行う。

 また、次の料金改定の時期についても三芳水道企業団との調整の中で協議する。

料金体系

(1) 基本料金

  2か月あたり16㎥の水量を付与することとし、付与した水量相当の現行の水道料金を下回らないものとする。

 

(2) 従量料金

  大口使用者に負担が偏っている従量料金の逓増度を緩和する。

  ※ 逓増度:水道料金の最低単価に対する最高単価の増加の割合です。

    「逓増度=(料金表の1㎥あたりの)最高単価÷最低単価」

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 水道局(朝夷行政センター)

電話: 0470(44)4611 ファクス: 0470(44)4613

お問い合わせフォーム


水道料金改定に対する答申が提出されましたへの別ルート