ページの先頭です

自動車騒音の常時監視

[2018年3月1日]

自動車騒音の常時監視について

自動車騒音の常時監視は、平成24年4月1日より、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(第2次一括法)」(平成23年法律第105号)により、騒音規制法の業務のひとつである「自動車騒音の常時監視業務」が、千葉県から本市に移譲されたものです。

自動車騒音の常時監視は、市内にある2車線以上を有する国道(高速道路を含む)及び県道と4車線以上の市道について、一定区間ごとに区切って評価区間を設定し、評価区間を代表する1地点で等価騒音レベル(Leq)の測定を行い、その結果を用いて、評価区間の道路端から50メートルの範囲内にあるすべての住居等について騒音レベルを推計することで環境基準を達成する戸数および割合を把握する面的評価という手法で行います。

市では、平成24年度より5年間で対象となる国道、県道及び市道について監視する評価区間のローテーションを組んで、自動車騒音の常時監視を実施していきます。

自動車騒音常時監視結果

平成28年度の自動車騒音の常時監視結果を以下に示します。

 

環境基準の達成状況

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 建設環境部環境保全課

電話: 0470(33)1053 ファクス: 0470(20)4597

お問い合わせフォーム