ページの先頭です

南房総食材を使った料理コンテスト2014の入賞作品

[2015年9月16日]

「ハンバーグ」をテーマに南房総食材を使った料理コンテストを開催

表彰式の様子

 地産地消を推進する南房総市では、子どもたちに豊富な市内の食材を使ってもらい、食により家族や地域のつながりを深め、地域の食材を改めて見直すきっかけづくりとするため南房総市内の食材を使った料理コンテストを開催しました。

 本コンテストは第6回を迎え、今回は南房総食材を使った「ハンバーグ」をテーマに行いました。子ども達の豊かな発想力で、南房総の名物料理となるような、アイデアレシピの募集を市内の小中学生を含む個人・グループを対象に行ったところ、326作品の応募がありました。

 この中から、書類審査で上位10作品を選出し、10月19日(日)に三芳農村環境改善センターで開催した、実食による最終審査の結果、最優秀賞には千倉中2年の伊藤熙さんの「ひまわりハンバーグ」が見事、選ばれました。

以下、入賞作品の写真をクリックすると料理レシピのページにリンクします。作品は、賞及び応募順に掲載しています。

最優秀賞 「ひまわりハンバーグ」 伊藤 熙さん(千倉中2年)

最優秀賞 「ひまわりハンバーグ」
 伊藤 熙さん(千倉中学校2年)

【アピールポイント】

南房総の野菜や海の幸をふんだんに使い、房総に咲くひまわりをイメージして作りました。

今回は夏でサザエがあったので使いましたが、サザエがなくても美味しいハンバーグです。

伊藤 熙さん

【受賞コメント】

最優秀賞に選ばれてとても嬉しいです。

家族でアイデアを考え、房総に咲くひまわりをイメージして、見た目と色にこだわって作りました。

普段はあまり料理をしないけれど、これからは頑張って料理をします!

優秀賞 「元気もりもりバーグ&ヘルシーバーグ」 木村 まみさん・長谷川 楓彩さん(千倉小5年)

「元気もりもりバーグ&ヘルシーバーグ」
 木村 まみさん・長谷川 楓彩さん(千倉小5年)

【アピールポイント】

南房総の夏野菜を使った2種類の健康的なハンバーグ。

1つはお肉たっぷりでジャガイモと、
もう1つは豆腐とナス・ピーマン入り。

ソースもオーロラソース和風ソースの2つの味が楽しめます。

優秀賞 「れんコーン ハンバーグ」 塚野 雄木さん(三芳小1年)

「れんコーン ハンバーグ」
 塚野 雄木さん(三芳小1年)

【アピールポイント】

「れんコーン→れんこん+コーン」

れんこんの食感がシャキシャキと残って、コーンの甘みが口の中に広がります!

優秀賞 「焼きカレーひじきバーグ」 小柴 龍之介さん(富浦小5年)

「焼きカレー ひじきバーグ」
 小柴 龍之介さん(富浦小5年)

【アピールポイント】

ひじきが苦手でも食べられる様に生姜やチーズを使いました。

審査員特別賞 「さつまいも入りハンバーグ 夏みかんソースとしそソース お好みで」 田渕 裕貴さん(富浦中3年)

「さつまいも入りハンバーグ 夏みかんソースとしそソース お好みで」
 田渕 裕貴さん(富浦中3年)

【アピールポイント】

サツマイモを入れたことで、ハンバーグの旨味とサツマイモの甘さの両方が味わえる。

夏なのでさっぱりとしたオリジナルソースを作り、大根おろしの上にかけ食欲UP。

審査員特別賞・千倉町料理飲食店組合賞 「にこにこフラワーバーグ」 木村 真仁さん(千倉小3年)

「にこにこフラワーバーグ」
 木村 真仁さん(千倉小3年)

【アピールポイント】

南房総市は気候が暖かく野菜も豊富、しかも花の生産も盛んです。

ハンバーグの中には野菜をたくさん使い、盛り付けは食べる人の気持ちが暖かくなる様に花の形に盛り付けてみました。

審査員特別賞 「房総盛り盛りバーグ」 吉田 歩音さん(丸小5年)

「房総盛り盛りバーグ」
 吉田 歩音さん(丸小5年)

【アピールポイント】

南房総の野菜を美味しく食べたい!

添えるだけだとつい残しがちな野菜をハンバーグの上にキレイに並べてみました。

見た目だけでなく野菜がハンバーグの肉汁を吸ってもっと美味しくなります。

タネの中に房総ヒジキを使っているので栄養満点です。見た目も可愛く、味も美味しくを目指しました。

審査員特別賞 「ヘルシーおから・ひじきハンバーグ」 野村 有以さん(富浦小5年)

「ヘルシーおから・ひじきハンバーグ」
 野村 有以さん(富浦小5年)

【アピールポイント】

カロリーが低い食材であり、お腹いっぱいに感じさせる美味しいハンバーグです。

審査員特別賞 「なすのミルフィーユバーグ」 鈴木 光輝さん(富浦小6年)

「なすのミルフィーユバーグ」
 鈴木 光輝さん(富浦小6年)

【アピールポイント】

ナスの形そのままにすることが一番のアピールポイントです。

ミルフィーユの形にすることで味が染みやすくなります。

審査員特別賞 「鯖のハンバーグ」 三宅 修平さん(富浦中3年)

「鯖のハンバーグ」
 三宅 修平さん(富浦中3年)

【アピールポイント】

鯖のミンチにつなぎとしてオクラのみじん切りを入れました。

ソースには煎った落花生を入れて香ばしさを加え、形が崩れないようにパプリカの輪切りに詰めました。

南房総食材を使った料理コンテスト2014

目的

このコンテストは、子どもに本市の豊かな農産物、水産物、そしてそれを育む温暖な気候についての理解を深めていただくためのきっかけづくりとして行います。家族、友人、先生などと一緒に考える機会を持つことを通して、多くの市民の方に考えるきっかけとなることを期待しています。また、応募作品の中から、地域の新たな名物料理が生まれ、地域の食文化を豊かなものにしていくことも目的としています。

対象

市内小中学生を含む個人またはグループ

テーマ/応募規定

テーマ 「南房総食材を使ったハンバーグ」

  • 南房総市産の食材を1つ以上使用したハンバーグ
  • 単品料理
  • 出品数は各個人または団体で、最大3作品まで

募集期間

平成26年7月22日(火曜日)~平成26年9月5日(金曜日)

一次審査(書類審査)

326作品の応募があったため、一次審査の前に事前審査を行いました。審査員は、料理飲食店組合、商工会、館山調理師会、市保健推進員協議会、千葉県、栄養教諭の7名。その結果、応募総数326作品の中から上位20作品を選出しました。

平成26年10月3日(金曜日)に上記審査員7名による厳正な書類審査を行い上位10名を選出しました。

最終審査(実食審査)

実食による公開審査、一般来場者との交流試食会の様子

 平成26年10月19日(日曜日)に三芳農村環境改善センターで、選出した10作品について、一次審査と同じ7名の審査員による実食審査を行い最優秀賞1作品、優秀賞3作品、審査員特別賞6作品、千倉町料理飲食店組合賞2作品を決定しました。

 当日は、一般来場者にも出展作品を試食する機会を設け、参加者と来場者の交流会が行われました。

主催/後援

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 農林水産部農林水産課

電話: 0470(33)1071 ファクス: 0470(20)4592

お問い合わせフォーム


南房総食材を使った料理コンテスト2014の入賞作品への別ルート