ページの先頭です

頼朝の逆柿(さかさがき)

[2015年9月16日]

逆柿

平群(へぐり)の犬掛(いぬかけ)から、滝田に通じる県道の脇に、「逆柿」と呼ばれる渋柿の木が生えています。
この逆柿にも、源頼朝の伝説があるのです。
治承4年(1180年)9月のある日、鎌倉を目指す頼朝は、三百騎の軍勢を従えて、犬掛を通りかかりましたが、その時、手に持っていた柿の枝で作った鞭を地中に挿して、「源氏再興のわが願いが成るならば、この枝も必ず芽生えよ」と言ったというのです。
頼朝が、地中に挿した柿の枝は、芽生えて根を張り、やがて大木になりましたが、なぜか不思議なことに、その梢(こずえ)は、すべて下を向き、実も逆さになったことから、「逆柿」と呼ばれるようになったのです。
しかし、長い歳月が流れて老木となり、江戸時代の嘉永年間(1848年~1855年)に枯れてしまったそうです。
今、生えている木は、枯れた木の根元から出た孫生(ひこば)えが代わって生長した木だとか、あるいは新しく植えたものといわれる二代目の木で、梢は逆さになっていません。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 総務部秘書広報課

電話: 0470(33)1002 ファクス: 0470(20)4591

お問い合わせフォーム