ページの先頭です

天狗(てんぐ)と仲良しの男

[2015年9月16日]

伊予ヶ岳

昔むかし、平群の伊予ヶ岳には、いつも天狗が住んでいましたが、村人たちは、その天狗と誰も親しく付き合いませんでした。それは、天狗が怪しげな術を使って、人を驚かすようなことばかりしたからです。
けれども、珍しくひとりだけ天狗と仲良しになった男がいたという話があるのです。名前は分かりませんが、平群のある大百姓の家の下男だったそうです。その男があるとき、伊予ヶ岳の麓で天狗の団扇(うちわ)を拾い、天狗に届けますと、天狗は大喜びで男にたくさんのご馳走を食べさせたのです。
何しろ天狗にとって、団扇は空を飛ぶなどの術に使う大事な道具ですから、男に拾い届けてもらったのがよほどうれしかったのでしょう。
一方の男も、悪いやつだと思っていた天狗がご馳走を食べさせてくれたので、すっかりうれしくなり、天狗と仲良しになったのです。ところが男は仲良しになった天狗の住みかに遊びに行くうちに、いつの間にか天狗に丸め込まれ、伊予ヶ岳で天狗のためにほら貝を吹きながら一生を過ごすことになったそうです。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 総務部秘書広報課

電話: 0470(33)1002 ファクス: 0470(20)4591

お問い合わせフォーム