ページの先頭です

南房総市堆肥活用農産物栽培指針

[2015年9月16日]

南房総市堆肥活用農産物栽培指針

南房総市堆肥活用農産物栽培指針とは

 「南房総市堆肥活用農産物栽培指針」(以下「栽培指針」)は、農業従事者が市内で生産された堆肥を活用し、安心・安全な農産物の生産や付加価値を高めた農産物の栽培をするため、農産物50品目 (水稲1品目、野菜38品目、果樹9品目、花卉2品目)の栽培方法等について一定の基準を示したものです。

栽培指針の基準

栽培指針では、堆肥を施用する場合の一定の基準を次のとおり定めています。

「千葉県の示す慣行栽培レベルの化学合成農薬(有効成分回数)と化学肥料(窒素成分量)を半分以下にし、基肥に対する堆肥の代替率は30%を上限とする。ただし、堆肥施用においてリン酸、加里のいずれかが施肥基準を超過した場合には、その時の堆肥の施用量を上限値とし、不足成分の補完は、有機質肥料等で補うものとする。」

栽培指針の構成

栽培指針は次の2つの項目で構成されています。

1.「共通事項」

 土壌管理、施肥管理、病害虫の駆除、鮮度の保持、気象災害及び環境に調和した生産方法等についての共通的な事項

2.「品目別栽培指針」

農産物ごとの生理、形態、作型と品種、栽培、生理障害、病害虫防除及び収穫等についての指針

「堆肥有効活用システム」との連携について

 別途構築した「堆肥有効活用システム」(インターネット上で稼動する施肥設計システム)には、栽培指針の内容が反映されています。「堆肥有効活用システム」では、選択した農産物の品目ごとに本栽培指針の閲覧及びダウンロードが出来ます。

※「堆肥有効活用システム」へのアクセス方法は、市ホームページのトップページメニュー「電子サービス」からアクセスするか、若しくは下記よりアクセスしてください。

堆肥有効活用システムにアクセス

ご利用に当たって

 農産物を生産される皆さんが環境保全型農業を取り組むに当たり、本栽培指針をご活用いただければ幸いです。

 なお、本栽培指針の内容は、あくまで一定の基準をお示ししたものであり、農産物の生育を確実に保障するものではありませんので、ご利用に当たっては十分ご留意ください。

関連制度リンク

お問い合わせ

南房総市  農林水産部 農林水産課 地域資源再生室
電話: 0470(33)1073 ファクス: 0470(20)4592