ページの先頭です

海坊主

[2015年9月16日]

写真・漁村風景

海に現れる妖怪で有名なのは、船幽霊や海坊主(うみぼうず)ですね。
どちらも沖に現れ、船に海水を入れたり、岩場に誘い込んだりして、船を沈めようとする恐ろしい妖怪です。漁師が船を櫓(ろ)で操(あやつ)りながら漁をしていた昔は、その妖怪たちがよく現れたのです。
昔むかし、和田の沖で、ある漁師が漁をしていると、舳先(へさき)のほうに多きな海坊主が現れて言ったそうです。
「怖くはねえか」漁師は内心とても怖かったが、怖いと言えば、何をされるか分からないから我慢して、「怖くねえ」と答えたところ、「それではお前は何が怖いか」と聞いたので、「板子一枚下は地獄だ。俺らの稼業ほど怖いもんはねえ」と答えたところ、海坊主は「そうか」と言って、海中に消えてしまったということです。
しかし、このことを今の古老たちに聞いても、実際に遭(あ)ったという人は一人もおりません。