ページの先頭です

仁王様の蛭(ひる)退治

[2015年9月16日]

仁王様

丸の石堂寺の仁王様は、たいへん仲のよい仁王様ですから、むかしは、時おりお二方お揃いで、夜遊びに出られたそうです。地元に伝わる話ですが、ある夜、仁王様が田圃(たんぼ)を歩かれていますと、おみ足がひどく痛みますので、ご覧になりますと、股のあたりまで真っ赤に血が滲(にじ)み、そこには、たくさんの蛭が吸い付いていたのです。仁王様は、たいそうお怒りになって蛭を掻きむしり、「こんなにたくさんの蛭がいるのでは、村人たちも、きっと困っているに違いない。私たちで退治してしまおう」と、お話し合いになり、その夜のうちに、石堂寺から見える限りの田圃から、蛭を一匹残らず取り尽し、みな殺しになされてしまいました。
それを知った石堂の村人たちは、仁王様のお蔭で、蛭に悩まされることが無くなったと大喜びしましたが、お二方の仁王様は、蛭に吸い付かれた痛さに、すっかりお懲(こ)りなされたのか、二度と仁王門から出ないとお決めになり、大好きだった夜遊びをお止めになりました。