ページの先頭です

峯堰(みねぜき)の主

[2015年9月16日]

丸山地区の峯堰

むかし、丸山の峯堰(みねぜき)にえたいの知れない主(ぬし)が棲(す)んでいるという噂があって、村の人は誰も近寄りませんでした。
ところが、あるとき勇ましい男が主を掴(つか)まえようと、鉄砲をもって堰にいきますと、ガサガサと音がしますので、そちらに鉄砲を打ち込みますと、そこから急に、今まで見たこともない大きな鳥が舞い上がったのです。
「あれが主か。それっ。」と、ふたたび鉄砲を構えなおした、そのときでした。
いきなり、堰の中から青い冷たい手が出て男の足を掴(つか)んだのです。男はびっくり仰天(ぎょうてん)、腰が抜けて逃げられず、堰へ引き込まれてしまいました。こうしてその男がいなくなった次の日からです。昼とは言わず、夜とは言わず、峯堰の中から恐ろしい唸(うな)り声がするようになったのです。
堰の近くに住んでいた人たちは、恐ろしくて夜も眠られず、みんな遠くの方へ引っ越してしまいました。
だから今では、堰の近くには家が少ないということです。