ページの先頭です

住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置

[2015年9月16日]

平成20年4月1日から平成30年3月31日までに既存住宅に一定の省エネ改修工事を行った場合、申告に基づき固定資産税3分の1が減額されます(現在、新築住宅軽減、耐震改修軽減を受けている場合を除きます)。

適用対象

  1. 平成20年1月1日以前から所在している住宅(貸家を除く)であること。
  2. (1)窓の改修工事、または(1)と合わせて行う(2)床の断熱工事、(3)天井の断熱工事、(4)壁の断熱工事で、改修部位がいずれも現行の省エネ基準に新たに適合することになるものであること。
  3. 当該改修工事に要する費用が50万円超であること。

減額される範囲

住宅の床面積が120平方メートルまでのものはその全部が減額対象に、120平方メートルを超えるものは120平方メートル分に相当する部分のみ減額対象になります。

減額される期間

改修を完了した年の翌年度分

申告の方法

減額を受けようとする人は、改修後3か月以内に、住民票、工事費明細書、領収書、改修箇所の写真および改修工事が行われたことを証する書類を添付し、申告してください。

その他

  • この制度による減額は1戸につき1度しか受けることができません。
  • 新築住宅の減額や、耐震改修工事による減額と同時に適用はされません。ただし、バリアフリー改修工事による減額との同時適用は可能です。
  • 土地についての減額はありません。

熱損失防止改修住宅等に係る固定資産税減額規定の適用申告書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

南房総市 (法人番号1000020122343) 市民生活部税務課

電話: 0470(33)1023 ファクス: 0470(33)3451

お問い合わせフォーム


住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置への別ルート